会社案内
境木工の創業は明治40年で100年を超える老舗工場となります。
木工の町、大川で境熊吉が1人でものづくりをスタートし、
大川の人々に支えられながら弟子を1人2人と増やし、会社・工場と共に成長して参りました。
大川から日本全国へ拡がりをみせた先代の心意気を受け継ぎ、
家具作りを通じ、豊かで楽しい生活空間作りに貢献する精神を
日本から世界へ拡げていきたいと願っています。

わたしたちについて【会社概要】

会社名
有限会社境木工
代表者
境明展
設立
1999年2月(創業明治40年10月)
資本金
300万円
従業員
25人
売上高
年商14億円(平成26年10月期)
事業内容
家具製造販売・家具及び雑貨輸入販売
主な取引先
全国家具小売店様・家具卸問屋様
取引銀行
大川信用金庫・西日本シティ銀行・福岡銀行・商工中金・日本政策金融公庫

境木工の歩み【沿革】

明治40年
境熊吉により家具製造を始める。
大正元年
従業員5名にて事業を拡大。
昭和15年
境福次(長男)が事業を引き継ぎ境木工として家内工業として形態を作っていく。
昭和21年
大東亜戦争により一時中断していたが復員後家具製造を再開する。
昭和37年
戦後の家具ブームにのり現在地に工場を新築、社員を増員して増産体制に入る。
昭和44年
境賢一、事業譲渡を受け代表者になる。
昭和56年
家具ブームにより順調に事業を展開する。
平成5年
次男の境明展、総合商社兼松(株)を退社し、後継者として入社。
合わせて家具輸入及び海外工場委託生産を始める。
平成11年
有限会社境木工として会社設立し、家具製造、世界の家具輸入業の基盤
(イタリア・スペイン・ドイツ・フランス・中国・タイ・マレーシア・ベトナム・インドネシア)を作る。
平成21年
タイ王国バンコクに事務所設立。
平成24年
ベトナムホーチミンに事務所設立。
平成26年
村澤氏とのデザインワークショップにより新商品開発開始。
TOP