月刊「モノログ・ヒトログ」

 

2017年11月17日デザイン開発ワークショップ

●MEETS! FURNITURE 2ndに向けて
柿内です。昨年、第1回の展示イベントを行ったMEETS! FURNITURE。第2回となる今年も、境木工は出展します。バイヤーと生産者がつながる場として、考えを共有する7社が協働で主催するメーカー主体の家具見本市です。
今年、新作として発表するのは、村澤一晃さんデザインの「TRATTO」、リビングボードとチェストです。樹種は、ダイナミックな木目を活かしたケヤキと、自然の表情をたたえるフシ有りオークの2種類。本日は、村澤さんと工場スタッフとで、MEETS! FURNITURE出展前の最終的なチェック、プロトタイプの検証を行います。



 
●ワークショップはデザインセッション
プロトタイプは村澤さんにも概ね満足していただけました。境木工スタッフと意見交換し、MEETS!発表に向けた「TRATTO」の改良製作にとりかかります。
村澤さんのデザイン開発ワークショップの特徴は、境木工の得意なことを引き出し、さらに進化を促すことを意図したデザイン提案をしてくれることです。もし、図面を送ってきてその通りにつくることだけ求めるデザイナーだったら、職人スタッフたちはいまのように食いついていかなかったでしょう。今日のワークショップの様子を振り返ると、数年前のワークショップ開始当初と比べて段違いにノリが良くなっています。いきいきとして楽しそうです。村澤さんに「こういうことができますか?」と問われて、それが未知のことや経験のないことだったとき、「できない」「わからない」と言わずに、可能性を考え、スタッフ同士で意見を交わし、解決する答えを探る。そうした姿勢が回を重ねるたびに顕著になっていきます。



 
●ハコモダンは箪笥モダン
今回発表する「TRATTO」のアイテムは、ボードやチェストと呼んでいますが、つくりは110年の伝統を活かした箪笥そのものです。レール金具を使わない擦り込みの引出しは桐箪笥と同じ構造。木目の表情を引き出す塗装は民芸箪笥「吉野クラフト」と同じ技術を注いでいます。
「ハコモダン」は、箪笥の技術を生かしてつくる今のデザインの箱物家具です。外見はまったく異なるようでいて、「ハコモダン」と「吉野クラフト」は同じDNAを持っています。
昨年は、箪笥の技術でつくったスツール「PRIMO」を前面に打ち出した展示をしました。今年は、伝統の箪笥技術でつくる現代の箪笥です。そのほか、既存シリーズの新アイテムや新カラーも発表します。多くの皆さんにMEETS! FURNITUREにご来場いただければと思っています。


TOP